Google AdWordsのエンハンストキャンペーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年2月7日、GoogleがAdWordsの新機能として「エンハンストキャンペーン」の提供をアナウンスしました。

マルチスクリーン化を捉えた AdWords の機能強化

AdWords Enhanced Campaigns – Google Ads

エンハンストキャンペーンの概要 – AdWords ビジュアルナビ

エンハンストキャンペーンとは?

とても簡単に言うと、一つのキャンペーンの中で色々な設定ができるようにして、マルチデバイスで横断的に広告を出しましょう、ということです。スマホやタブレットが急速に普及し、これまでのインターネット閲覧環境はPCののブラウザのみという状態から大きく変わってきているという時代の背景から、Googleで検索するユーザーの行動パターンに合わせて広告を効率的に配信していくことが必要になります。そういった広告主のニーズを先取りしたような形でしょうか。

何が変わるの?

細かな変更点は色々あるのですが、大きく変わり、かつ広告主への影響も大きそうな点としては、以下の2点でしょうか。

  • スマホ専用キャンペーンが作れなくなる
  • 今まではPCとスマホでキャンペーンを分けて運用するのが一般的でしたが、今後はスマホ専用のキャンペーンは作れなくなります。エンハンストキャンペーンでは、PCでの出稿が大前提で、PCには出稿せずにスマホにだけ出す、という設定が不可となります。
    但しその逆は可能で、スマホの入札価格調整比を-100%にすることで実質的にスマホへの広告配信はされなくなります。

  • スマホ用にキーワードの個別入札ができなくなる
  • スマホの入札は、「PCの入札に対して一律で●%増(あるいは減)」というような設定しかできなくなるため、個別のキーワードに対して入札単価を設定することができなくなります。

実際に設定してみて感じたこと

テストも含め、エンハンストキャンペーンでのキャンペーンを作ってみて色々と内容を見て、感じたことは以下の2点です。

  • デフォルトの設定が厄介
  • まぁ厄介というか、PCと「タブレット」の配信がデフォルトになっているというのがちょっと戸惑います。今まではどのデバイスに配信するかを選択する際、スマホやタブレットへの配信を選択できたのですが、エンハンストキャンペーンではPCとタブレットはほぼ同じものという考え方のようで、タブレットへの配信除外をすることができません。当然単価の調節もできないため、「PCへの広告配信≒タブレットへの広告配信」となります。正直コレはメリット・デメリットがあると思いますが、個人的にはまだ「PC≒タブレット」と考えるのは早計な気がしています。

  • 時間帯別の配信設定がわかりづらい
  • 従来のキャンペーンでは、キャンペーンのスケジュール設定で曜日や時間帯毎に配信ON/OFFや単価の調整をできたのですが、エンハンストキャンペーンではまず各曜日と時間帯の区切りを設定し、その後「広告のスケジュール」というタブの中で配信の調整や単価の調整をしていくという2段階になっています。最初はこの設定方法が分からず苦労しました。

今後の予定は?

Google社の人に確認したところ、今のところ2013年7月以降は全てのキャンペーンにおいて強制的にエンハンストキャンペーンにアップグレードされる予定だそうです。今のところ焦って既存キャンペーンをエンハンストキャンペーンにアップグレードする必要は無いと思いますが、きちんと内容を理解しておいて準備をしておく必要がありそうです。

新版 SEM:リスティング広告 Googleアドワーズ&Yahoo!リスティング広告対応 Web担当者が身につけておくべき新・100の法則。
寳 洋平 岡本 典子 齊藤 康祐
インプレスジャパン
売り上げランキング: 7,582
スポンサーリンク
スポンサーリンク